Amazon Payの使い方

近年はキャッシュレス決済が非常に増えており、その1つに「Amazon Pay」があります。

Amazon Payはその名の通り、Amazonアカウントを利用したキャッシュレス決済のことで、スマートフォンを使用してショッピングや公共料金の支払いができます。そして、決済用のクレジットカードは複数の登録ができ、デビットカードやプリペイドカードの登録も可能です。

広告

この記事では、Amazon Payについてわかりやすく紹介します。

Amazon Payの利用

Amazon PayはAmazonだけではなく、Amazon以外のサイトや実店舗でも利用することができます。

1.提携オンラインサイト

Amazon Payと提携しているオンラインサイトには主に以下などがあります。

  • ZOZOTOWN
  • 出前館
  • コジマネット
  • JTB
  • 三越・伊勢丹
  • ショップジャパン
  • るるぶなど

2.提携実店舗

Amazon Payの使える店舗には、Amazon Payマークが付いています。現状では、コンビニやスーパー、ファストフードでの利用はできません。

Amazon Payでの支払方法

Amazon Payの支払方法はネットショップと実店舗で異なります。

1.ネットショップの場合

ネットショップでは以下の手順で決済します(Amazon以外の場合)。

1)商品をカートに入れた後、支払い方法の選択で、「Amazonアカウントでお支払い」をタップします。
2)Amazonに登録しているメールアドレス・パスワードを入力してログインします。
3)Amazonのアカウント情報を入力し、「OK」をタップします。
4)注文内容の確認画面で「注文を確定する」をタップすれば終了です。

2.実店舗の場合

実店舗での決済は以下の手順になります。

1)Amazonショッピングアプリからメインメニューを開きます。
2)「プログラムと特典」から「すべてを見る」をタップします。
3)Amazon Payをタップし、スマホ画面にQRコードを表示させます。
4)Amazon PayのQRコードをレジに提示します。
5)店舗にある専用の端末でQRコードを読込んでもらえば終了です。

Amazon Payで表示されるQRコードは30秒ごとに更新されるため、不正利用される心配がありません。

まとめ

Amazon Payを利用することで、決済時にクレジットカードの情報を入力する必要がないため、クレジットカードの情報を盗まれたり、悪用されたりする懸念が無くなります。また、実店舗では現金のやり取りの手間が省けます。

広告