アマゾンマスターカード(クラシック)の申し込み方法

オンラインショッピングをよく利用する人であれば、持っておきたいクレジットカードがアマゾンマスターカード(クラシック)です。アマゾンマスターカード(クラシック)はアマゾンを利用してお得に買い物が楽しめるたくさんの特典を揃えているのが特徴で、幅広い年齢層から人気を集めています。

アマゾンマスターカード(クラシック)は審査が厳しくないので、学生や専業主婦でも持つことができます。そのため「審査のゆるいクレジットカードが欲しい!」という方におすすめです。

広告

本記事では、アマゾンマスターカード(クラシック)の申し込み方や特徴を紹介。本記事では下記について知ることができます。
・アマゾンマスターカード(クラシック)の特徴
・アマゾンマスターカード(クラシック)のメリットとデメリット
・アマゾンマスターカード(クラシック)の料金と還元率
・アマゾンマスターカード(クラシック)の申し込み資格
・アマゾンマスターカード(クラシック)の申し込み方法
・アマゾンマスターカード(クラシック)の連絡先

画像ソース : Amazon公式サイト

アマゾンマスターカード(クラシック)の特徴

画像ソース : ODAN

アマゾンマスターカードには、クラシックとゴールドの2グレードが用意されています。これらの2つのカードは以下の手数料で持つことができます。

クラシック 初年度の年会費は無料。2年目以降は1,250円(税別)
ゴールド 年会費10,000円(税別)

アマゾンを利用する機会があれば無料で持つことができるので、お得なカードだといえます。

アマゾンマスターカード(クラシック)のメリットとデメリット

画像ソース : 写真AC

アマゾンマスターカードではアマゾンで買い物をするとポイントを貯めることができます。このポイントは1ポイントにつき1円として利用可能。ポイントが貯まる比率は利用しているサービスによって異なります。

クラシックの場合
Amazonプライム会員 2.0%
Amazonプライム会員以外 1.5%
ゴールドの場合
Amazonプライム会員 2.5%
Amazonプライム会員以外 2.5%

これらのポイントはアマゾンのアカウントに自動的に付与されるようになっています。アマゾンカードを利用した獲得したポイントには1年という有効期限が設けられています。ただし、期間を延長することが可能です。

Amazonポイントの有効期限は、Amazonでの最終購入日か最終ポイント獲得日のいずれか遅いほうから1年間となっています。つまり、利用していれば自動的に有効期限が延長される仕組みとなっています。

一方、Amazon以外で使うには特典が少ない点はデメリットだと言えるでしょう。アマゾンマスターカードはAmazonを利用する人がメリットを感じやすいカードです。

アマゾンマスターカード(クラシック)の料金と還元率

画像ソース : 写真AC
  • 申し込み料 – 0円
  • 年会費 – 初年度無料/次年度以降1,375円
  • 還元率 – 1.00%~2.00%
  • 分割払いの金利 – 12.00%~14.75%
  • キャッシング金利 – 18.00%
  • 遅延損害金 – 14.6%×遅延日数

アマゾンマスターカード(クラシック)の申し込み資格

アマゾンマスターカードは、クラシックの場合高校生を除く18歳以上、ゴールドの場合は20歳以上であれば申し込めます。未成年の場合は親権者の同意が必要ですので注意しましょう。

アマゾンマスターカード(クラシック)の申し込み方法

画像ソース : GooglePlay

アマゾンクレジットカードは以下の手順で申し込むことができます。

1.公式サイトからAmazonにログインして「今すぐ申し込むボタン」をクリック
2.即時審査サービスを申し込む
3.会員規約に承諾
4.個人情報の入力
5.オンライン口座振替設定をする
6.即時審査を受ける
7.カードの受け取り

アマゾンマスターカード(クラシック)の連絡先

画像ソース : 写真AC

アマゾンマスターカード(クラシック)は三井住友カード株式会社によって運営されています。住所は東京都港区海岸1-2-20 汐留ビルディングです。Amazonカスタマーサービスは010 1 206-922-0880、三井住友カードFOR YOUデスクは0570-004-980ですので、不明点があれば問い合わせましょう。

まとめ

今回はアマゾンマスターカードについてご紹介しました。アマゾンカードはアマゾンでよくショッピングをするという人におすすめです。

お得にポイントが貯まり、申し込み方法も簡単なので、ぜひ申し込みをしてみましょう。きっとAmazonでの買い物が何倍もお得で楽しくなると思います。

注意:クレジットカードを作る際にはリスクがあります。詳細は、各クレジットカード会社の利用規約をご覧ください。

広告